MARKWORLD-blog (exガロ:マーク堀内護のブログ)

マークワールドへようこそ。MARK=堀内護(元GARO)は35年の時空を越えて皆さんの元に帰って来ました。

Entries

素敵な回想が浦沢漫画になりました。

作品にGAROが登場します。

小学館
「月刊!スピリッツ」11月号
2018年9月27日(木) 発売

遠藤賢司×浦沢直樹
秘蔵エピソードを漫画化
読切
「いっつあびゅうてぃふるでい」

予告はこちらのページから
https://bigcomicbros.net/magazine/spirits_m/
関連記事

GAROを特集した番組のご案内 6/4(月)22:00

kc00000790_l[1]

GAROを特集した番組のご案内 6/4(月)22:00

放送予定 2018年6月4日(月)22:00~30分番組

番組名 永遠のロッカーたち #11

放 送 局 wowowプラス「歌謡ポップスチャンネル」

放送局概要 オリコン、USEN、DAMの最新歌謡曲・演歌ランキングや歌謡コンサート、昭和ポップスの名曲をお届けする歌謡曲専門チャンネル

 
■番組内容:

この番組は日本の音楽シーンに影響を与えたロッカーを特集するドキュメンタリー番組です。

吉田栄作さんをストーリーテラーに迎え、“曲と共に、伝説のロッカーの生きざま”を振り返ってゆきます。登場するのは、日本の音楽シーンに影響を与え、後世に残したいロックレジェンド。ご本人、縁の深かった方々、影響を受けた方々のお話を元に、ロッカーの音楽人生を振り返り、そして現在の活動をご紹介します。


■ガロ特集について

「学生街の喫茶店」が大ヒットし、フォークグループとしてその名を知られているが、彼らはアコギで新しいスタイルのロックを目指していた。
ニューミュージックのルーツとなり、その音楽性は多くの後進アーティストに影響を与えた。
彼らが本当に目指した音楽とはなんだったのか、ガロのメンバー大野真澄や当時の関係者の証言を元に紐解いていく。


■【過去の放送回】 敬称略

柳ジョージ、ジョー山中、桑名正博、河島英五、シーナ(シーナ&ロケッツ)、加藤和彦、加瀬邦彦、かまやつひろし、りりィ、ザ・ゴールデン・カップス他
 
 
logo_header.png

■番組ホームページ

http://www.kayopops.jp/program/index.php?prg_cd=KC00000790 
 
■CSを観られない方は、こんな方法も
 
http://www.kayopops.jp/howto/
関連記事

GAROの背中を追いかけた・・・

特に話題があるわけではありませんが、
先日GAROファンの方とお話ししていた時の話題。

全国のGARO大好きさんが一度は夢見た、
GAROみたいに
アコースティックギターを美しく鳴らしたい
力強く三声でハモりたい
エンディングはビシっとハモって終わりたい

そんな当時のGAROファンが曲を作ると、

管理人「当時は「トゥルル」が最後に入っているのがお作法でした」

Yさん「変則チューニングの時は、前奏が長いというのもお作法ですかね」

たしかに!(笑)

GAROあるあるネタ。他にもありますでしょうか?
関連記事

墓碑には

墓碑には戒名ではなく「堀内護」とし、彼の生きた証を刻んだことをご報告致します。

boshi.jpg
関連記事

NHKレッツゴーヤング

ちょっと古い記事ですが、
むかーしNHKでレッツゴーヤングという番組をやっていましたね。
その本放送開始(1974年4月7日)から遡ること3か月前(1月3日)に、同タイトルのパイロット版が放送されたことがあります。

その一部がNHKのサイトで紹介されていますが、GAROの名前も三人の姿も見えています。
残念ながらその動画は公開されてはいませんが、いつかもう一度見られる日が来ることを祈りましょう。


NHK発掘プロジェクト通信
http://www.nhk.or.jp/archives/hakkutsu/news/detail175.html

マークが真ん中で、両サイドの二人がマンドリン♪
関連記事

Birthday of Tommy (管理人投稿)

2012年はマークが大病で長いこと入院していました。
2月22日、トミーの誕生日にブログをアップしたいというので、ベッドの上で口述してもらいました。
ギター少年だったマークとトミーが、歌にハーモニーに目覚めて行く過程が微笑ましい記事になりました。

2012年2月22日のブログへジャンプ(クリック)


トミーが他のアーチストに提供した曲を三つご紹介します。

■おまえにクラクラ(堤大二郎←ライブセルフカバー)
https://www.youtube.com/watch?v=3AsWWqRxm0U

■わたしと私(浅田美代子)
https://youtu.be/mkTa8ssgJ20

■Mr.Blue(稲垣潤一)
https://youtu.be/s3JUp9JPYGA
 
 
関連記事

Happy birthday MARK

Happy birthday MARK!!

161_3.jpg
サポートスタッフ一同より
関連記事

今年もより良い年に

明けましておめでとうございます。
開運マーク神社、今年も御開帳です。

http://markpage.web.fc2.com/omikuji.html


マークは本当に神様になってしまいましたが、皆様に於かれましては今年もご健勝でありますよう祈念いたしております。

jinja_20160101093119057.gif


七五三詣、成人奉告、結婚奉告、賀寿清祓、厄祓、社業繁栄、商売繁昌、家内安全、学業成就、 大願成就、身体安全、病気平癒、良縁成就、安産祈願、 交通安全、旅行安全、車祓、家祓、 神棚祭、地鎮祭、竣工祭、満員御礼、声量倍増、芸妓上昇
 
たんぽぽ - GARO
関連記事

GARO解散後の年表

早いものですね。逝去からもう三年・・・
今日12月9日はマーク堀内護の命日です。

以前皆様に情報提供のご協力をお願い致しました年表がほぼ完成しました。

http://markpage.web.fc2.com/history76/

GARO解散後にマークが歩んだ道をなぞってみますと、
マークの名曲「木の舟」の一節「この旅に地図は無い」をそのまま体現していたようです。

https://www.youtube.com/watch?v=Jr-q8XikHnI


関連記事

曲馬団

歌詞カードに書いたマーク自筆のコード

曲馬団

実はマーク、この曲は好きではありませんでした。
だってシマウマが可哀想です・・・

IMG_1384.jpg
関連記事

Menu

最新記事

プロフィール

マーク(堀内護)

Author:マーク(堀内護)
オフィシャルサイト
http://markpage.web.fc2.com/

MARK=マーク (本名:堀内護)

■1949年2月2日生まれ 水瓶座

■1970年11月

日高富明(愛称TOMMY=トミー) 大野真澄(愛称VOCAL=ボーカル)とともにGARO(ガロ)を結成。

■1971年   コロムビア・マッシュルーム・レコードより
シングル「たんぽぽ」
LP「ガロ」でデビュー

「学生街の喫茶店」「君の誕生日」「ロマンス」など、大ヒットさせる。
紅白歌合戦にも出場。

活動中にオリジナルアルバム8枚、シングル12枚を発表。

■1975年12月 GARO解散。

日本の音楽シーンに大きな影響を与え、現在活躍するミュージシャン達の中にもGAROの影響を受けたファンは多い。

■1976年  ソロシングル「風の館/蒼いハイウェイ」
LPアルバム「MARK 六夢(りくむ)」を発表。

■1977年  ソロシングル「電車がつけば・・・/僕から」
LPアルバム「MARK BRIGHT」を発表。

その後音楽活動を停止し、フツーの人になる。

・・・・・・・・・・・

■1994年  「グッド・フレンズ」に参加。CD「ウッドストックの夏」を発表。

■2004年  杉山栽一のCD「SO AM I」にギター&コーラスで参加。

■2007年6月 30年ぶりにライブ活動を再開する!

■2013年 プロジェクト「マーク from GARO」始動
https://www.facebook.com/MARKfromGARO


2014年12月9日 胃癌により死去

-----------
■メールはこちら
http://markpage.web.fc2.com/mail.html