今週の一曲 51

カバー曲

三回目も ディープ パープル です

ギターに革命を起こした ジミヘン(ジミー ヘンドリックス) の ヘイジョー です

これは マーク も、時々演奏りますが
ヤッパリこのイントロを弾くと、とても気持ちがいい(^^)~♪
もちろん歌もね!


内容はかなり過激なので、時代はアメリカの古き時代.....GUNを持った荒くれ男、西部劇のような想像をしてたのですが..........

ディープ パープル のヘイジョーではイントロでパトカーの音が鳴ります

嫉妬に駈られたジョーが彼女を撃ち、そしてメキシコに向かって逃げて行くジョーを追うサイレンの音


あー.... これは現代が背景となってるんだと納得(ジミヘンはどうゆう設定で詞を書いたのかは解りませんが(^^ゞ

ディープ・パープル のメキシコを彷彿とさせるイントロのメロディー
緊張感さえおぼえるイントロダクション.........いいですね



ちなみに
ジミヘン の曲で一番 マーク が好きなのは ♪ヘイジョー♪ です...そう ♪紫のけむり♪ よりも.......

■ジミヘン(ジミー ヘンドリックス) の ヘイジョー

■ディープ パープル のヘイジョー

Hey joe, where you goin' with that gun of your hand
Hey joe, i said where you goin' with that gun in your hand, oh
I'm goin' down to shoot my old lady
You know i caught her messin' 'round with another man
Yeah, i'm goin' down to shoot my old lady
You know i caught her messin' 'round with another man
Huh! and that ain't cool
Huh hey hoe, i heard you shot your mamma down
You shot her down now
Hey joe, i heard you shot your lady down
You shot her down in the groud yeah!
Yeah!
Yes, i did, i shot her
You know i caught her messin' round messin' round town
Huh, yes i did i shot her
You know i caught my old lady messin' 'round town
And i gave her the gun
And i shot her
Alright
Shoot her one more time again baby!
Yeah!
Oh dig it
Oh alright
Hey joe,
Where you gonna run to now where you gonna go
Hey joe, i said
Where you gonna run to now where you gonna go
I'm goin' way down south
Way down to mexico way
Alright
I'm goin' way down south
Way down where i can be free
Ain't no one gonna find me
Ain't no hang-man gonna
He ain't gonna put a rope around me
You better believe it right now
I gotta go now
Hey, joe
You better run on down
Goodbye everybody
Hey hey joe
関連記事

Comment


        

09 | 2017/10 | 11

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

マーク(堀内護)

Author:マーク(堀内護)
オフィシャルサイト
http://markpage.web.fc2.com/

MARK=マーク (本名:堀内護)

■1949年2月2日生まれ 水瓶座

■1970年11月

日高富明(愛称TOMMY=トミー) 大野真澄(愛称VOCAL=ボーカル)とともにGARO(ガロ)を結成。

■1971年   コロムビア・マッシュルーム・レコードより
シングル「たんぽぽ」
LP「ガロ」でデビュー

「学生街の喫茶店」「君の誕生日」「ロマンス」など、大ヒットさせる。
紅白歌合戦にも出場。

活動中にオリジナルアルバム8枚、シングル12枚を発表。

■1975年12月 GARO解散。

日本の音楽シーンに大きな影響を与え、現在活躍するミュージシャン達の中にもGAROの影響を受けたファンは多い。

■1976年  ソロシングル「風の館/蒼いハイウェイ」
LPアルバム「MARK 六夢(りくむ)」を発表。

■1977年  ソロシングル「電車がつけば・・・/僕から」
LPアルバム「MARK BRIGHT」を発表。

その後音楽活動を停止し、フツーの人になる。

・・・・・・・・・・・

■1994年  「グッド・フレンズ」に参加。CD「ウッドストックの夏」を発表。

■2004年  杉山栽一のCD「SO AM I」にギター&コーラスで参加。

■2007年6月 30年ぶりにライブ活動を再開する!

■2013年 プロジェクト「マーク from GARO」始動
https://www.facebook.com/MARKfromGARO


2014年12月9日 胃癌により死去

-----------
■メールはこちら
http://markpage.web.fc2.com/mail.html