プロフィール
 

マーク(堀内護)

Author:マーク(堀内護)
オフィシャルサイト
http://markpage.web.fc2.com/

MARK=マーク (本名:堀内護)

■1949年2月2日生まれ 水瓶座

■1970年11月

日高富明(愛称TOMMY=トミー) 大野真澄(愛称VOCAL=ボーカル)とともにGARO(ガロ)を結成。

■1971年   コロムビア・マッシュルーム・レコードより
シングル「たんぽぽ」
LP「ガロ」でデビュー

「学生街の喫茶店」「君の誕生日」「ロマンス」など、大ヒットさせる。
紅白歌合戦にも出場。

活動中にオリジナルアルバム8枚、シングル12枚を発表。

■1975年12月 GARO解散。

日本の音楽シーンに大きな影響を与え、現在活躍するミュージシャン達の中にもGAROの影響を受けたファンは多い。

■1976年  ソロシングル「風の館/蒼いハイウェイ」
LPアルバム「MARK 六夢(りくむ)」を発表。

■1977年  ソロシングル「電車がつけば・・・/僕から」
LPアルバム「MARK BRIGHT」を発表。

その後音楽活動を停止し、フツーの人になる。

・・・・・・・・・・・

■1994年  「グッド・フレンズ」に参加。CD「ウッドストックの夏」を発表。

■2004年  杉山栽一のCD「SO AM I」にギター&コーラスで参加。

■2007年6月 30年ぶりにライブ活動を再開する!

■2013年 プロジェクト「マーク from GARO」始動
https://www.facebook.com/MARKfromGARO


2014年12月9日 胃癌により死去

-----------
■メールはこちら
http://markpage.web.fc2.com/mail.html


 

2013年10月28日(月)
一期一会をもう一度

 
久しぶりの バンバン と感激の再開です!

IMG_1084 - コピー

相変わらず エネルギッシュ で とても元気でしたよ!

前の日の ライブ で マーク が いちご白書を歌った事や 懐かしい話し等など オフ(曲放送中)も 二人でしゃべりっぱなし(笑)

バンバン また会おうね

banmak.jpg
関連記事
 
 
 

Comment


    
 

やつと会えた

大阪ライブでやっと会えた。今でも夢のようです。マークソロファアストアルバム{六夢}以来のファンですから、30年間の眠りから、やっと目覚めた気分です。リアルタイムなマークを、初めて見ました。
夢をふたたび 期待しております。
ライブハウスであった一番さん二番さん一緒に盛り上がってくれて、ありがとう太字の文[斜体]斜体。。の文[/

2013/10/30(Wed) | kriko | URL | Edit
 

兵庫尼崎のライブに行きましたが、涙はいらないを聴いている時に、胸がジーーンときました。今迄、ライブで何回も聴いている曲ですが、そういうことは初めてです。
来年も関西に来て下さいね。

2013/10/30(Wed) | タケ | URL | Edit
 

感動とサプライズの二日間でした♪

マークさん
大阪と尼崎のライブ、お疲れ様でした。たくさんの感動とサプライズ、メルシーです!子供の頃憧れたマークさんが、自分の目の前で歌っているなんて、ホントに夢のようでした!溢れ出る涙が止まりませんでした!マークさんとGAROソングは永遠です!!
また大阪に来てくださいね。ド派手に応援しちゃいます♪

2013/10/29(Tue) | アラン | URL | Edit
 

聴きました

 ばんばさんとのトーク、興味深い話をたくさん聴けて、楽しかったです。本当に、ありがとうございました。前日のライブで、「いちご白書をもう一度」をプレイされたなんて、私も行きたかった!
 又いつか、ばんばさんと、共演が実現する事を期待しています。

2013/10/28(Mon) | Takako | URL | Edit
 

聞きました♪

バンバンとの楽しそうな会話に
思わずラジオの前で笑顔になりました。
懐かしい人との出会いはイイですね(^O^)/

私は25日、大阪でのライブ会場でMarkにお会いしました。それも1番前の最高の席で…。
ライブは本当に、本当に良かったです。
アルバムが出てから、ずっと聴いてきて
やっと生で聴くことができました。
サインをしていただき、ツーショットを撮らせていただきありがとうございました。

「聴いてほしい曲が、もっともっとあるんだよ」って話してくれました。
もっともっと聴かせて下さい。

GAROのこと、Markのことが
前よりももっと好きになりました(*^_^*)

2013/10/28(Mon) | yukiko | URL | Edit