MARKWORLD-blog (exガロ:マーク堀内護のブログ)

マークワールドへようこそ。MARK=堀内護(元GARO)は35年の時空を越えて皆さんの元に帰って来ました。

Entries

今週の一曲 126

「踊り人形」

兄や姉が聴いていた ポールアンカ や ニールセダカ に代表される 60'代 ポップス...

その音楽に影響を受けた事は確かです...

これらの メロディー はずーっと マーク の中に潜在的には 存在していましたけれど...

具体的に作って見ようと思った いわゆる 「引き金」 になったのは この曲でした

「踊り人形」 以後 オールデイズ を狙った曲が沢山世に出ましたね(笑)

前置きが長くなりましたけれど...

その 「引き金」 になった曲です

img_1490143_60142807_0.jpg


ロギンス & メッシーナ

シンキング・オブ・ユー」 です

関連記事

*Comment

happy birthday MARK 

本当にお元気でお誕生日を迎えられてよかったです!

去年からなんか予感があり、マークがアルバム出してるきがする。。。でも確認する方法がないなあ、ちがうかな?と思っていました。

先日何気なくパソコンで検索してみると
あれ?見たことないアルバムがある?!(自称マーク狂いの私はアルバムは全部持ってた)
慌ててクリック!!

私の予感は当たり!!

でも昔からは考えられないことですよね?一ファンでしかない私がこうやってhappybirthdayを伝えられるなんて(+o+)

37年もたって私は難病に侵された主人を介護し生活を支えるため一生懸命働く毎日です。
おの何も知らず笑っていた毎日を思い出しました。

変わらない優しい澄んだ声、明るくもの悲しいサウンド

ありがとう、勇気を与えられました!!
まだまだ、これからも気持ちのいいサウンド作り続けてください。
応援しています。
  • posted by cherry 
  • URL 
  • 2014.02/02 15:30分 
  • [Edit]

あ。確かに 

この曲の上に「踊り人形」&「エナメルの靴のシンデレラ」を乗せていくと解りやすいですね。リズムセクションの部分は一緒に進みながら、メロディラインはしっかりマークのモノで、ロギンス&メッシーナとの違いがよりハッキリしてくるのがまた面白いです。

確かにこの「踊り人形」以降に、他のアーティスト達もアルバムにオールディズティストの曲を入れたりしてますね。
  • posted by kanchi 
  • URL 
  • 2014.02/02 11:20分 
  • [Edit]

なるほど… 

リズム、曲の流れが「踊り人形」を彷彿とさせている気がします(あくまで主観ですが…)
ガロの名曲の数々の中でも「踊り人形」は私の中で上位にある曲なので、このエピソードは嬉しいですね(^_^)
あっ、最近は「エナメルの靴のシンデレラ」も聴けるので、楽しさ倍増*\(^o^)/*
  • posted by Rumi 
  • URL 
  • 2014.02/02 08:59分 
  • [Edit]

愛しのDancing doll 

お誕生日おめでとうございます。これからの一層のご活躍をお祈りしています。

ということで、Mark's Birthdayに「踊り人形」誕生秘話なわけですね。

「踊り人形」はGARO版「抱きしめたい」(ビートルズの“I wanna hold your hand”)だとなんとなく思っていたのですが、聴いてみると確かにこのロギンス & メッシーナの曲にインスパイアされたものだとわかります。スキップをしながら口笛を吹くような、飾り気のない幸福な気分が溢れている曲ですね。素敵です。




  • posted by Akutaro18 
  • URL 
  • 2014.02/02 02:47分 
  • [Edit]

的中 

 1週間ずっと気になっていました。マークさんが影響を受けて「踊り人形」を作ったというのは、ロギンス&メッシーナのどの曲だろう…。
 私は彼らの曲は、知らない曲が多いので、YOUーTUBEを調べて予習(?)しておきました。もしかすると、”Thinking Of You”かなと思ったんですが、やっぱりそうでしたか。

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

Menu

最新記事

プロフィール

マーク(堀内護)

Author:マーク(堀内護)
オフィシャルサイト
http://markpage.web.fc2.com/

MARK=マーク (本名:堀内護)

■1949年2月2日生まれ 水瓶座

■1970年11月

日高富明(愛称TOMMY=トミー) 大野真澄(愛称VOCAL=ボーカル)とともにGARO(ガロ)を結成。

■1971年   コロムビア・マッシュルーム・レコードより
シングル「たんぽぽ」
LP「ガロ」でデビュー

「学生街の喫茶店」「君の誕生日」「ロマンス」など、大ヒットさせる。
紅白歌合戦にも出場。

活動中にオリジナルアルバム8枚、シングル12枚を発表。

■1975年12月 GARO解散。

日本の音楽シーンに大きな影響を与え、現在活躍するミュージシャン達の中にもGAROの影響を受けたファンは多い。

■1976年  ソロシングル「風の館/蒼いハイウェイ」
LPアルバム「MARK 六夢(りくむ)」を発表。

■1977年  ソロシングル「電車がつけば・・・/僕から」
LPアルバム「MARK BRIGHT」を発表。

その後音楽活動を停止し、フツーの人になる。

・・・・・・・・・・・

■1994年  「グッド・フレンズ」に参加。CD「ウッドストックの夏」を発表。

■2004年  杉山栽一のCD「SO AM I」にギター&コーラスで参加。

■2007年6月 30年ぶりにライブ活動を再開する!

■2013年 プロジェクト「マーク from GARO」始動
https://www.facebook.com/MARKfromGARO


2014年12月9日 胃癌により死去

-----------
■メールはこちら
http://markpage.web.fc2.com/mail.html