プロフィール
 

マーク(堀内護)

Author:マーク(堀内護)
オフィシャルサイト
http://markpage.web.fc2.com/

MARK=マーク (本名:堀内護)

■1949年2月2日生まれ 水瓶座

■1970年11月

日高富明(愛称TOMMY=トミー) 大野真澄(愛称VOCAL=ボーカル)とともにGARO(ガロ)を結成。

■1971年   コロムビア・マッシュルーム・レコードより
シングル「たんぽぽ」
LP「ガロ」でデビュー

「学生街の喫茶店」「君の誕生日」「ロマンス」など、大ヒットさせる。
紅白歌合戦にも出場。

活動中にオリジナルアルバム8枚、シングル12枚を発表。

■1975年12月 GARO解散。

日本の音楽シーンに大きな影響を与え、現在活躍するミュージシャン達の中にもGAROの影響を受けたファンは多い。

■1976年  ソロシングル「風の館/蒼いハイウェイ」
LPアルバム「MARK 六夢(りくむ)」を発表。

■1977年  ソロシングル「電車がつけば・・・/僕から」
LPアルバム「MARK BRIGHT」を発表。

その後音楽活動を停止し、フツーの人になる。

・・・・・・・・・・・

■1994年  「グッド・フレンズ」に参加。CD「ウッドストックの夏」を発表。

■2004年  杉山栽一のCD「SO AM I」にギター&コーラスで参加。

■2007年6月 30年ぶりにライブ活動を再開する!

■2013年 プロジェクト「マーク from GARO」始動
https://www.facebook.com/MARKfromGARO


2014年12月9日 胃癌により死去

-----------
■メールはこちら
http://markpage.web.fc2.com/mail.html


 

2014年03月18日(火)
「時の魔法」の秘密 その7

 
「ガラスの涙~」

ギター は マーク が全て弾いていますが...

「イントロ」 & 「間奏」 の ギター は最初一本だけだったのです...

が、録音後... 間奏部分を 何度も聴いているうち... 何か物足りなさを感じ...

「イントロ」 はそのままに..そして 「間奏」 では...             


実はもう一本 オクターブ 高い音を弾いて重ねています

つまり 間奏は 12弦 ギター の響きにしたかったのです...

イントロ & 間奏...改めて聴いて見て下さいね

IMG_6909.jpg
関連記事
 
 
 

Comment


    
 

こだわり

マークの音へのこだわりは、ライブでもそうでしたが、プロだなぁ~と感じさせてくれます。当たり前ですが・・・

今、本当にやりたい音楽をやってらっしゃるんだろうな・・・もっと言えば、トミーの分まで・・・というか、トミーと一緒に・・・
と勝手に思っています。


2014/03/21(Fri) | 誰そ彼(たそがれ) | URL | Edit
 

MARKさんへ。

MARKさんへ。
もしかして「虹色のラベンダー」の「間奏のギター」も同じですか?
昭和歌謡曲?ですね?

2014/03/20(Thu) | emiko | URL | Edit
 

詩が引き立ちますね

MARKさんのこの記事を読んでから「硝子の涙はもういらない」も聞くと詩が引き立ちますね。楽曲に増増重みが出ている気がしました。

2014/03/19(Wed) | emiko | URL | Edit
 

MARKさんのギター演奏には

MARKさん、こんにちは。
MARKさんのギター演奏にはいつも感動しています。
MARKさんのギターの土台はアコースティックギターにありますか?エレキも優しい音色に聞こえます。でもアコースティックでも時には力強い音色でも演奏されますよね。この「時の魔法」のアルバムでもそんなMARKさんのギターの魅力がたくさん散りばめてあるのですね。生きていて躍動するMARKさんの心が聞こえます。楽しいです。

2014/03/19(Wed) | emiko | URL | Edit
 

知れば知るほど...

12弦と聞いて、最初に頭に浮かぶのはバーズですが...
「ガラスの涙」にそんなヒミツが隠されていたのですね ^^
ヘッドフォンでしっかり確認しました!

ご本人から数々の秘密が明かされたびに、
より深く、このアルバムを聴く楽しみが増えます(^_^)/
もっともっと知りたいです♪


2014/03/18(Tue) | Terra | URL | Edit
 

ふむふむ

アルバムの中で、マークが単独でギターを弾いているのはこの曲だけなのですね〜
本日、じっくりと聴かせていただきました!
イントロも、間奏の2本の🎸も、意識をするとまた格別👍
「時の魔法」では、多くのアーティストの方々が参加されていますが、どの曲もギターの音色がとっても好きです!

残念ながら12弦ギターの音色?は、Zepの「Stairway to Heaven」でジミーが弾いていた…位しかわかりませんが。。。

2014/03/18(Tue) | Rumi | URL | Edit
 

12弦

 このシリーズにおいて、今回がいちばん気付くのがむずかしかったかもしれません。何しろハイ・レベルなので。
 只今2回聴きました。間奏は、確かに12弦ギターの音に聞こえます。
 本当に、さまざまな工夫を凝らしているんですね。

2014/03/18(Tue) | Takako | URL | Edit
 

なるほど。それで…

最初、間奏部分を聴いてイントロと違って音に厚みが出てたから、これはミキシングの時に重ねたんだな、と勝手に思っていました。《🎸弾いて重ねた》とは~!むぅ。
12弦ギター…ジミーペイジも愛してやまない音ですね。

それにしてもマークの音のこだわり、本当に半端ないっす😱クリエーターとしても超刺激されます。

で、何度かこの曲のギターの部分をじっくりと聴いてみて感じたこと(実は他にも何曲か同じ感覚を受けてるのですが)マークが奏でるギターフレーズは《弾いてる》と言うより《ギターが歌ってる》と言う感覚なんですよ、私にとって。どこがどう…という具体的なことは言えないんだけど。昔からそう思ってたかも。この不思議な感覚は一体?(笑)



2014/03/18(Tue) | kanchi | URL | Edit