MARKWORLD-blog (exガロ:マーク堀内護のブログ)

マークワールドへようこそ。MARK=堀内護(元GARO)は35年の時空を越えて皆さんの元に帰って来ました。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今週の一曲 133

今日は ジャニス・イアン の

「復活の日」 です
         
この映画には確か  「11PM アレキサンダーst」 の(笑) 草刈正雄さんが出演されていましたね...

当時: この曲を唄う ジャニス の歌声に キュン! となりました...

ジャニス・イアン

「復活の日」


c85ea77197ad59310bce49a92a30cf79.jpg

関連記事

*Comment

ジャニス・イアン 

初コメントですm(_ _)m

素敵な曲を紹介して下さり、ありがとうございます。

ジャニス・イアンが10代のときに書かれた、白人の女の子と黒人の男の子の恋を歌った「ソサエティーズ・チャイルド」が、忘れられません。
「ラブ・イズ・ブラインド」も好きな曲です。
  • posted by 花咲 嶺 
  • URL 
  • 2014.03/26 08:12分 
  • [Edit]

ジャニスの魅力 

 レコード・ラックを調べると、ジャニス・イアンのLPが3枚ありました。高校時代、よく聴いてました。女性心理をストレートに描写した曲がたくさんあり、共感したのを憶えてます。当時の私にとっては、ちょっと背伸びしてたかも…。
 「我が心のジェシー」という曲は、聴けば、必ず泣いてました。

 「ユー・アー・ラヴ」は、映画のCMがTVでよく流れて、気に入ってました。このレコード見当たらず、やっぱり買わなかったようです。
 こうして「今週の一曲」で紹介されて、嬉しいです。久しぶりに、ジャニスの魅力を体感しました。

懐かしい・・・・・ 

ジャニス・イアン・・・大好きでした。
たしかLPレコード(なつかしい響き)持っていたなあと思い、今押入れから出してきちゃいました。

私は 「Love is Blind」を聴いて大ファンになりましたが、
この「復活の日」もいいですね。
なんというか胸の奥底に迫りくるものがあります。
ウルウルしながら聴きました。

ジャニス イアンは人の心を鷲づかみにして
離しませんね。

マークさんまたまた青春時代の私に戻してくれてありがとう!
忘れかけていた曲を思い出させてくれてありがとう!

涙・・・・・・・・







  • posted by Harurun 
  • URL 
  • 2014.03/23 14:24分 
  • [Edit]

懐かしのジャニス 

ジャニス・イアン、よく聴きました。
透き通った唄声と彼女の持つ独得の世界感に魅了されたものです。私的にはガロ&マークに抱く世界感にも共通しています。曲が流れると自身の記憶に潜在している風景が浮かんでくるところとか…

「復活の日」は、結構衝撃的な映画でしたね。宣伝も凄かったけど流れる楽曲もインパクトがありました。
この曲を含め、ジャニスの唄声(特に高音)は、聴く人々の胸に語りかけて来ますよね。

素敵な今週の一曲です!
  • posted by Rumi 
  • URL 
  • 2014.03/23 08:30分 
  • [Edit]

そして…復活の時間 

この映画は劇場で見ましたね、確か。

そう、この頃はジャニスブームといっていいくらい映画にドラマにジャニスの歌が常に流れていた時代でした。

高校生の時、「岸辺のアルバム」という山田太一さんのドラマがあり、その主題歌がジャニスの「will you dance?」という曲で、当時小田急線に住んでいた私の青春のヒトコマを鮮やかに思い出させてくれます。懐かしいなぁ~。あの時付き合ってた友達の顔とか、走馬灯のように次々思い出してしまった。

その前の年に流行った「love is blind 」もそうですが、ジャニスの歌は癒される部分と切なさが同居してて不思議な魅力があると思うのです。

マークもコメントに載せてましたが胸キュンになるんですよネ😱

この復活の日も、草刈さんやオリビアハッセーの役の姿に重ねてあの歌声を聞くと、ホントに今も泣きそうになります…うっ…(ToT)

マーク、素敵な時の魔法をありがとう🕛

  • posted by kanchi 
  • URL 
  • 2014.03/23 01:06分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

Menu

最新記事

プロフィール

マーク(堀内護)

Author:マーク(堀内護)
オフィシャルサイト
http://markpage.web.fc2.com/

MARK=マーク (本名:堀内護)

■1949年2月2日生まれ 水瓶座

■1970年11月

日高富明(愛称TOMMY=トミー) 大野真澄(愛称VOCAL=ボーカル)とともにGARO(ガロ)を結成。

■1971年   コロムビア・マッシュルーム・レコードより
シングル「たんぽぽ」
LP「ガロ」でデビュー

「学生街の喫茶店」「君の誕生日」「ロマンス」など、大ヒットさせる。
紅白歌合戦にも出場。

活動中にオリジナルアルバム8枚、シングル12枚を発表。

■1975年12月 GARO解散。

日本の音楽シーンに大きな影響を与え、現在活躍するミュージシャン達の中にもGAROの影響を受けたファンは多い。

■1976年  ソロシングル「風の館/蒼いハイウェイ」
LPアルバム「MARK 六夢(りくむ)」を発表。

■1977年  ソロシングル「電車がつけば・・・/僕から」
LPアルバム「MARK BRIGHT」を発表。

その後音楽活動を停止し、フツーの人になる。

・・・・・・・・・・・

■1994年  「グッド・フレンズ」に参加。CD「ウッドストックの夏」を発表。

■2004年  杉山栽一のCD「SO AM I」にギター&コーラスで参加。

■2007年6月 30年ぶりにライブ活動を再開する!

■2013年 プロジェクト「マーク from GARO」始動
https://www.facebook.com/MARKfromGARO


2014年12月9日 胃癌により死去

-----------
■メールはこちら
http://markpage.web.fc2.com/mail.html

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。