MARKWORLD-blog (exガロ:マーク堀内護のブログ)

マークワールドへようこそ。MARK=堀内護(元GARO)は35年の時空を越えて皆さんの元に帰って来ました。

Entries

今週の一曲 135

ガロ 当時...

眠る時 
必ず聴いて(聴きながら)眠った曲がありました...

ポール・マッカートニー の アルバム 「RAM」...

イエス の 「こわれもの」」...

そして...

ドヴォルザーク の 「新世界」


もちろん これだけではないですけれど...主にこの三枚でした...

と言うわけで 今日は...ドヴォルザーク の

「新世界」 です


ご存じの様に 長~い曲なので(笑)

今回は 「第一楽章」 と 「第二楽章 にしましょう

特に キュン となる好きな部分は.....

第一楽章 では...

始まってから 約 3分辺りから 約 30秒間(笑)...

そして 第二楽章 では...始まりは 皆さんが耳に馴染んでいる → 家路の メロディー で始まりますが...

これも一番 キュン と来て 好きな部分は...

家路の メロディー が終った 約5分ごろから maj(メジャー)から m(マイナー)に変わり...また メジャー に変わるまでです

全部 聴くと長~いので(笑) その部分だけ 聴いてくださいね

今週の一曲...
ドヴォルザーク の 「新世界」
第一楽章」 と 「第二楽章

c681d08c.jpg

関連記事

*Comment

寝る前に聴くのは... 

寝る前に聴く、お気に入りはGAROファーストです♪
この神秘的なアルバムはマークさんの声と歌い方が...安眠に誘います^^
いい夢見られそうでしょ?
今夜からは新世界も加えます(^_^)
同じ夢見られるかな〜☆
  • posted by Terra 
  • URL 
  • 2014.04/09 19:58分 
  • [Edit]

黄昏時に・・・ 

壮大な曲ですね。
一体、マークの中の音楽の引き出しは、いくつあるのでしょう?

第二楽章「家路」は、やはり、小学校の想い出が・・・
音楽は、その時のことをありありと思い出させてくれます。
「帰りの時間になりました。まだ、教室や校庭に残っている人は・・・」という校内放送が一緒に聴こえてきました。


こちらの桜は、花散らしの雨風に耐え、花冷えのお陰で、今も満開です。風に舞う花びらを眺めるのが大好きです。

改めましてたまぶーちぃ(*´∀`*) 

新世界、大学時代オケで演りました(;・∀・)
私は第三楽章が好きです♡

オーボエだったのですがコールアングレはゆびが届かず断念!(笑)
その時に、たまたま学生街を聴いて間奏部分に反応(笑)したのですが、その時はそれっきり…今こうして時を経てGARO&マークさんに出逢えて良かった~o(^o^)o

そういう意味で新世界は自分の中でGAROと繋がってるのですが、まさかマークさんもお好きだったなんて♡嬉しいです~♪

私もその部分聴いてみます~★
  • posted by tamaboo_chi 
  • URL 
  • 2014.04/06 18:32分 
  • [Edit]

ハイソな気分 

第一楽章、第二楽章の合わせて20分強、じっくり聞かせていただきました。
第一楽章…「静」から始まり、いきなり「動」になりますが、途中色々な場面が想像できます。
中間のややリズミカルなパートは、社交界の ダンス、その後は、中世の軍隊が闘いに赴く際にかかるような音律、最後にかけては、街中の風景など。
第二楽章は、いうまでもなく懐かしさ…
眠るときに聴くなら、第二楽章かな。
皆さんのコメントにあるように、マークの曲(特にインストルメンタル)の流れにどこか共通している気がします。
映画音楽もクラシックの一部なんでしょうね。
  • posted by Rumi 
  • URL 
  • 2014.04/06 14:34分 
  • [Edit]

新世界 

GAROさんの音楽がきっかけで、自分も曲作りを始めるようになってから
以前よりクラシックを聴くようになりました。

「第一楽章」の3分~から約30秒の部分の旋律、私もキュンときました。
マークさんの作り出される美しい旋律と通じるものがあると感じました。

「第二楽章」の家路は耳に馴染んでいるものの、
その後は初めてじっくり聴きました。

私がなかなか眠れない夜は、「愛の言葉」を聴いています…(*^^*)
  • posted by 花咲 嶺 
  • URL 
  • 2014.04/06 09:37分 
  • [Edit]

NoTitle 

冬の間、私の眠るときの曲はマーク様の「夜間飛行機」です♪

第二楽章… 小学校時のキャンプファイヤーだな~
皆で肩組んで。。。
♪まーどいーせーん~~♪
♪まーどいーせーん~~♪
まどいせん??ってなに?

ちがうちがう!雰囲気壊してごめんなさい。

ナイトキャップに「夜間飛行機」聞くと
翌日歩いている時も地下鉄の中も、出てくる出てくる♪
危うく地下鉄の中で声が出そうになる。。クククるしい。
今日も1日頑張るぞ!って。

マーク様の「今週の1曲」で
皆が先ずは「新世界」を聞いてみるって
すごいことですね♪
マーク様も皆さんも良い1日を♪

  • posted by まど 
  • URL 
  • 2014.04/06 08:53分 
  • [Edit]

クラシックの要素 

 クラシックをじっくり聴くのは、一体何年ぶりでしょう。
 ドヴォルザークの事は、確か学校で習ったと思いますが、「新世界」の「第一楽章」は、あまり憶えてないです。「第二楽章」の「家路」は、小学校の時に、放送でいつもかかってました。この部分には、歌詞があって、中学の音楽の授業で歌いました。

 最近、「マーク・ファースト」と「マーク・ブライト」を交互に聴いてますが、要所要所でクラシックの要素が感じられます。クラシックの影響を受けたマークさんらしいですね。

 前出の「第一楽章」及び、「第二楽章」のご指摘の部分に注意して、何度も聴いてます。

Mark Basis 

あ~♪なんか、わかる気がしますね。
うーんん…どう書こうかな?

第一楽章の30秒のところは《吟遊詩人》のトミーパートの後に来る、マークパートの世界観に近いですね。

第二楽章のメジャーとマイナーが交互に行くところ、あんなに目まぐるしく変化していくのにバタバタ感が全くないって…!ザッと鳥肌立ちました。マイナー→メジャー→マイナーと行くメロディラインは私も昔っからツボ中のツボ!感性のど真ん中にスパッと入ってきますネ。

マークの好きな部分は、やはりマークが作る曲と連鎖していく気がします。瞬間的に《妖精の森》や《水色の世界》が部分的に浮かんできたもの。

新世界のあとにマッカートニーとYesも聴きましたが、この中ではやっぱりドボルザークがマークワールドに一番近いかなぁ(笑)

余談ですが、GAROのあとに洋楽に走り、Yesを初めて聴いた時にGARO の《暗い部屋》をふっと思い出したのを…覚えてます。
あの曲はやはりプログレっぽいですね🎼

ひゃ~。また長くなってしまった💦
スミマセン😱
  • posted by kanchi 
  • URL 
  • 2014.04/06 01:20分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

Menu

最新記事

プロフィール

マーク(堀内護)

Author:マーク(堀内護)
オフィシャルサイト
http://markpage.web.fc2.com/

MARK=マーク (本名:堀内護)

■1949年2月2日生まれ 水瓶座

■1970年11月

日高富明(愛称TOMMY=トミー) 大野真澄(愛称VOCAL=ボーカル)とともにGARO(ガロ)を結成。

■1971年   コロムビア・マッシュルーム・レコードより
シングル「たんぽぽ」
LP「ガロ」でデビュー

「学生街の喫茶店」「君の誕生日」「ロマンス」など、大ヒットさせる。
紅白歌合戦にも出場。

活動中にオリジナルアルバム8枚、シングル12枚を発表。

■1975年12月 GARO解散。

日本の音楽シーンに大きな影響を与え、現在活躍するミュージシャン達の中にもGAROの影響を受けたファンは多い。

■1976年  ソロシングル「風の館/蒼いハイウェイ」
LPアルバム「MARK 六夢(りくむ)」を発表。

■1977年  ソロシングル「電車がつけば・・・/僕から」
LPアルバム「MARK BRIGHT」を発表。

その後音楽活動を停止し、フツーの人になる。

・・・・・・・・・・・

■1994年  「グッド・フレンズ」に参加。CD「ウッドストックの夏」を発表。

■2004年  杉山栽一のCD「SO AM I」にギター&コーラスで参加。

■2007年6月 30年ぶりにライブ活動を再開する!

■2013年 プロジェクト「マーク from GARO」始動
https://www.facebook.com/MARKfromGARO


2014年12月9日 胃癌により死去

-----------
■メールはこちら
http://markpage.web.fc2.com/mail.html