MARKWORLD-blog (exガロ:マーク堀内護のブログ)

マークワールドへようこそ。MARK=堀内護(元GARO)は35年の時空を越えて皆さんの元に帰って来ました。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今週の一曲 140

今日は久々に マーク の曲です....

これも又 ファン の方からの 情報をいただき up しようと思いました...

この曲に コメント を書いてくださった方....ありがとうございます(__) 心から 心から感謝申し上げます  

------------
リンク
こちらをクリックしてください
------------

この曲は...皆様 ご存じの方が多いと... とても嬉しいのでですが....

勿論 ご存知ない方も 多々いらっしゃると思います...

ですので... 今日の 「今週の一曲」は...

石川さゆり さんの

「花紀行」 です

次の こちらも... 実は またまた ファン の方からの情報です...          

ある番組で...  

司会の方が 「想いでの曲 & グループ は?」 と さゆりさんに お聞きしたところ...

一言  「ガロ です」  と答えられたそうです(^^)

曲を作って差し上げた事への 「リップサービス かな?(笑)」

いずれにしても...嬉しいですね  

あの頃の さゆりさんは...白い ベレー帽に白い ミニスカート (笑)

とても可愛らしかったですよん  

では 聴いて下さいね...   

「石川さゆり」 さん

「花紀行」
       


jjk.jpg


いつか紅白で歌ってくれないかな?(笑)


関連記事

*Comment

隠れた名曲 

 石川さゆりさんは、デビュー当時はアイドル歌手で、ベレー帽をかぶって「かくれんぼ」を歌ってましたね。その後、本格派歌手へと成長されましたが。
 「花紀行」は93年のシングルのカップリング曲だったんですね。当時は知りませんでした。特に音楽を聴いてなかった時期でしたので。
 実は、今回初めて聴きました。誰もがよく知っているさゆりさんの曲とはかなりイメージが違いますが、和のテイストをほどよく取り入れて、なおかつ、歌の上手いさゆりさんのヴォーカルを引き立てていると思いました。
 いつかTVで聴きたいです。

 

「花紀行」は、確かにマークさんの優しさが伝わる、いい曲ですね。
ちなみに、若い時の石川さゆりさんは、今の大島優子さんになんとなく、似ていますね!
  • posted by 燈明日記 
  • URL 
  • 2014.05/11 17:00分 
  • [Edit]

叙情歌かな 

花の映像と共に「花紀行」を堪能させていただきました〜
しっとりと唄うさゆりさんの高音の綺麗なこと!
そして、水が流れるようなマークのメロデイライン……
演歌でなぐ叙情歌でしょうか。。
楽曲提供は唄われる方のイメージがあると思いますが、マークの「花紀行」も聴いてみたい‼︎
一応頭の片隅にでも入れておいてくれると嬉しいです。


  • posted by Rumi 
  • URL 
  • 2014.05/11 09:25分 
  • [Edit]

胸キュンの名曲 in 和! 

もしジャンル分けするとしたら…これは演歌ではないですね。

イントロのメロディライン&早い段階でスッと魂を持っていかれるところ等、すでにマークワールド🎵
さゆりさんが歌い出すと、さらにその透明感が増していくのも素敵ですね。詩も胸キュンで泣きそうになります。

「木の舟」の世界観に一番近いかな?
マークワールドの中の《和部屋》に属する名曲のひとつだと思います。
(あ、実は私の中でマークの曲を勝手に《和《欧》《米》風のお部屋にざっくり分けているのですよ(笑))

この《花紀行》も他と同様、切なくなるくらい素晴らしい曲ですね!
ミュージシャンはたくさんいるけど、ワンフレーズで魂を簡単にさらっていくコンポーザーはそうそういません!メジャー~マイナー~メジャーに移り変わっていくタイミングの絶妙さとか、何でスルッと出来てしまうのか…ウ~ン。
そして、全ての曲にマークテイストがはっきりあるのに、どれひとつとして同じような曲がないのは不思議。

やはりマークはア○デウス。そして私は確実にサ○エリ(笑)

本当に、いつかさゆりさんに紅白で歌って欲しいですね~。
バックのセットは、まずマークが撮った花の写真を次々にOL させ、中間で一旦暗転→1つのスポットライトに桜の木の舞台セットが浮かび上がり、ラストは桜の花吹雪🌸

なぁんて😅💦
  • posted by kanchi 
  • URL 
  • 2014.05/11 01:59分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

Menu

最新記事

プロフィール

マーク(堀内護)

Author:マーク(堀内護)
オフィシャルサイト
http://markpage.web.fc2.com/

MARK=マーク (本名:堀内護)

■1949年2月2日生まれ 水瓶座

■1970年11月

日高富明(愛称TOMMY=トミー) 大野真澄(愛称VOCAL=ボーカル)とともにGARO(ガロ)を結成。

■1971年   コロムビア・マッシュルーム・レコードより
シングル「たんぽぽ」
LP「ガロ」でデビュー

「学生街の喫茶店」「君の誕生日」「ロマンス」など、大ヒットさせる。
紅白歌合戦にも出場。

活動中にオリジナルアルバム8枚、シングル12枚を発表。

■1975年12月 GARO解散。

日本の音楽シーンに大きな影響を与え、現在活躍するミュージシャン達の中にもGAROの影響を受けたファンは多い。

■1976年  ソロシングル「風の館/蒼いハイウェイ」
LPアルバム「MARK 六夢(りくむ)」を発表。

■1977年  ソロシングル「電車がつけば・・・/僕から」
LPアルバム「MARK BRIGHT」を発表。

その後音楽活動を停止し、フツーの人になる。

・・・・・・・・・・・

■1994年  「グッド・フレンズ」に参加。CD「ウッドストックの夏」を発表。

■2004年  杉山栽一のCD「SO AM I」にギター&コーラスで参加。

■2007年6月 30年ぶりにライブ活動を再開する!

■2013年 プロジェクト「マーク from GARO」始動
https://www.facebook.com/MARKfromGARO


2014年12月9日 胃癌により死去

-----------
■メールはこちら
http://markpage.web.fc2.com/mail.html

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。