プロフィール
 

マーク(堀内護)

Author:マーク(堀内護)
オフィシャルサイト
http://markpage.web.fc2.com/

MARK=マーク (本名:堀内護)

■1949年2月2日生まれ 水瓶座

■1970年11月

日高富明(愛称TOMMY=トミー) 大野真澄(愛称VOCAL=ボーカル)とともにGARO(ガロ)を結成。

■1971年   コロムビア・マッシュルーム・レコードより
シングル「たんぽぽ」
LP「ガロ」でデビュー

「学生街の喫茶店」「君の誕生日」「ロマンス」など、大ヒットさせる。
紅白歌合戦にも出場。

活動中にオリジナルアルバム8枚、シングル12枚を発表。

■1975年12月 GARO解散。

日本の音楽シーンに大きな影響を与え、現在活躍するミュージシャン達の中にもGAROの影響を受けたファンは多い。

■1976年  ソロシングル「風の館/蒼いハイウェイ」
LPアルバム「MARK 六夢(りくむ)」を発表。

■1977年  ソロシングル「電車がつけば・・・/僕から」
LPアルバム「MARK BRIGHT」を発表。

その後音楽活動を停止し、フツーの人になる。

・・・・・・・・・・・

■1994年  「グッド・フレンズ」に参加。CD「ウッドストックの夏」を発表。

■2004年  杉山栽一のCD「SO AM I」にギター&コーラスで参加。

■2007年6月 30年ぶりにライブ活動を再開する!

■2013年 プロジェクト「マーク from GARO」始動
https://www.facebook.com/MARKfromGARO


2014年12月9日 胃癌により死去

-----------
■メールはこちら
http://markpage.web.fc2.com/mail.html


 

2014年11月15日(土)
ライブ出演取り止めのお知らせ(追加訂正)

 
■ガロ井戸withサンタラツアーに関する大切なお知らせ

出演予定でしたマーク(堀内護)が体調不良により出演キャンセルとなりました。
マークの出演を楽しみにしていらした皆様に心よりお詫びいたします。
マークを含む出演者、関係者で協議の上、
この公演は加奈崎芳太郎とサンタラの二組でお届けすることとなりました。
皆様のご理解いただきますようお願いいたします。

出演者一同、このツアーのためにリハーサル、打ち合わせを繰り返してきました。
マーク本人もとても楽しみにしていました。
普段は絶対に聴けないセッションをお届けすべく、
加奈崎芳太郎、サンタラは引き続き打ち合わせを重ねています。
マークの早期復活を願い、
そしてマークファンの皆様にも喜んでもらえることを願って、
ガロの楽曲を含む当初予定していたセットリストを
最大限活かしたセッションをお届けする予定です。
どうぞ楽しみにしていてください。

加奈崎芳太郎 サンタラ
------------------
サンタラ砂田さんのfacebookです。
クリックして読んでみてください。
https://www.facebook.com/kazutoshi.sunada

砂田 和俊
明けて本日11/8は長野市INDIA Live the SKY。
初めての会場って楽しみよね。
マンドリンをステージで弾くのは生涯初めて。こわいなあ。
ちゃんと音出せるかしら?しかもマイクどり。
明日のガロ井戸withサンタラは。
個人的にはまだ旅の準備が終わりませんが、
1週間前にマークさんから連絡がありツアーに出れないと。
うっそーん!こんなの初めて!
とにかく手分けして各会場の意向を訊き対応を考え、マークさんの様子も伺いながらマーク不参加を発表~加奈崎さんからは毎日電話かかってきて都合3時間くらいずつの打ち合わせして、あーでもない、こーでもないお話して、
抜けた穴をどう埋めるべか?
ソロパートを増やしただけじゃダメだろ。
やっぱガロ井戸だし、ということでセットリストをひっくり返し…
ボーカリストが変わるんだからKEYも変えるよそりゃ、するてえとコーラスも変わり、ギターも前のフレーズ使えないじゃん。
てことでまだやり残したことがたくさんありそうな気がしたまま臨む初日です。
まー明日合わせてみなければわからんのですけど、
元古井戸/加奈崎さんが歌うガロはきっと見ものですよ!
https://www.facebook.com/events/975387499144677/

------------------
■更に
11月26日(水)
19:00より、五反田ロッキーで行われますライブへの出演も取り止めとなりました。
内容に変更がございます。
■CAROによるGARO曲中心のライブになります。
■新料金は[消費税込み]:決まり次第掲載致します。

重ねてご報告致します。
https://twitter.com/barayashiki
関連記事
 
 
 

Comment