MARKWORLD-blog (exガロ:マーク堀内護のブログ)

マークワールドへようこそ。MARK=堀内護(元GARO)は35年の時空を越えて皆さんの元に帰って来ました。

Entries

原点

昨年12月7日 2回目の「ヘアー再演」がブルースアレイで上演されました。
(会場は前回より立見も多く熱気ムンムン!)
メンバーは前回とほぼ同じ。
かつみ/ボーカル/岡田ポール/深水 龍作 ETC
前回同様ボーカルのアクエリアスから始まりステージ上はスムースな進行

前回と違ったのは、かつみが すっかり 風邪も治って素晴らしい声だった事

マークはツアー帰りで声がボロボロだった事(>_<)

幕の間でマークは、かつみと美しすぎて

ボーカルはかつみと青い鳥など歌いましたo(^-^)o

個人的にはトミーとの思い出の曲「メイビートゥモロー」歌ったんですけど(キーが高い!
...歌わなければ良かったー!!(笑)



ベトナム戦争を核として当時の若者達の姿を描いたミュージカル「ザ・ヘアー」

..反戦デモでオハイオ州の大学にて4人の大学生が軍隊の発砲によって死にました。。。。
これは後にニールヤングが「OHIO」で唄ってますよね(FOUR DEAD IN OHIO~)

きのう映像で見たばかり...確かに解説で4人の学生が..と言ってました。

ブロードウェイで話題になったこのミュージカルはやがて世界に波及し、ドイツ/フランス/オーストラリア等で上演されました.
その「ザ・ヘアー」を日本に持ち込んだのが かつみ..その素晴らしい感性と情熱に心から敬意を表したいと思います。


ヘアーが無かったらマークの青春は無かったと思う。

40年経ってもトライブ(仲間)は少しも変わらないし、これからも、いつ会っても兄弟の様でいると思う。
終了後、当時ドイツのヘアーからやって来た(寺田)稔(バーガー役→日本でも)が突然現れた時は涙が出そうでした


ガロの原点..CSN&Y..
勿論そうです..だけど、
その前にヘアー有りき..です。

ガロはここから飛び立ちました...

マーク
関連記事

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

Menu

最新記事

プロフィール

マーク(堀内護)

Author:マーク(堀内護)
オフィシャルサイト
http://markpage.web.fc2.com/

MARK=マーク (本名:堀内護)

■1949年2月2日生まれ 水瓶座

■1970年11月

日高富明(愛称TOMMY=トミー) 大野真澄(愛称VOCAL=ボーカル)とともにGARO(ガロ)を結成。

■1971年   コロムビア・マッシュルーム・レコードより
シングル「たんぽぽ」
LP「ガロ」でデビュー

「学生街の喫茶店」「君の誕生日」「ロマンス」など、大ヒットさせる。
紅白歌合戦にも出場。

活動中にオリジナルアルバム8枚、シングル12枚を発表。

■1975年12月 GARO解散。

日本の音楽シーンに大きな影響を与え、現在活躍するミュージシャン達の中にもGAROの影響を受けたファンは多い。

■1976年  ソロシングル「風の館/蒼いハイウェイ」
LPアルバム「MARK 六夢(りくむ)」を発表。

■1977年  ソロシングル「電車がつけば・・・/僕から」
LPアルバム「MARK BRIGHT」を発表。

その後音楽活動を停止し、フツーの人になる。

・・・・・・・・・・・

■1994年  「グッド・フレンズ」に参加。CD「ウッドストックの夏」を発表。

■2004年  杉山栽一のCD「SO AM I」にギター&コーラスで参加。

■2007年6月 30年ぶりにライブ活動を再開する!

■2013年 プロジェクト「マーク from GARO」始動
https://www.facebook.com/MARKfromGARO


2014年12月9日 胃癌により死去

-----------
■メールはこちら
http://markpage.web.fc2.com/mail.html