MARKWORLD-blog (exガロ:マーク堀内護のブログ)

マークワールドへようこそ。MARK=堀内護(元GARO)は35年の時空を越えて皆さんの元に帰って来ました。

Entries

前橋きしん を 終えて。 思うこと。

30年経っても。まだ皆のガロに対する熱い想いがストレートに伝わって来ました

それは全国どこに行っても ガロチルドレンは 待っててくれるんだと確信できました。


想ったこと

これから全国の ガロチルドレンに逢いに行こうと。

叶うか 叶わないか分かりません。。でもそれは二の次。でも。そうしたい!! と願えば叶うはず。急がなくても。。でもマークにその想いが無ければ絶対に叶わないんですもんね。

たとえ 10年かかっても全国のガロチルドレンに逢いに行きたいです。
まっててくださいね いつか 必ずマークはあなたの街へ行きますから

マーク
関連記事

*Comment

福岡で待ってますよ 

マークさん、初めまして。

僕は中学時代福岡で2度GAROのライブ
見させていただきました。
それ以来ずっとファンでした。

最近マークさんが復活されたこと、
また全国を回りたいとのこと
すごくうれしいです。

ぜひぜひ福岡にもいらしてください。
絶対見に行きます。
  • posted by コウジ 
  • URL 
  • 2009.11/29 09:49分 
  • [Edit]

マークさんの想いを皆で叶えてあげましょう! 

マークさんの全国のガロチルドレンへの熱い思いを感じて感動しました。そこで、ライブに来られない方のために、10月17日ROCKYでの私(日高美子)とのコラボの様子をここに書かせて頂きたいと思います。マークワールドの素晴らしい世界を想像して頂き、日本全国からお誘いの言葉をマークさんにかけて頂きましたら有り難く思います。なお、コラボに寄せられたコメントなどは「素敵な出会いとライブと」に投稿してありますので、良かったらご覧になってください。

マークさんMC「今日はドイツからお客様。みんなきっとこの曲知ってる~って言ってくれると思います」
1. お元気ですかお父さん
2. やがて青春
オリジナルと全く違う突然のアレンジにびっくり!マークさんのパワフルなギターに感動!
MC「何かガロのようなすごくてかっこいいアレンジでびっくりしました!よくその場で出来ますねー!さすがです」(日高)「マークってそういう人なんだも~ん」(マークさん)(お客さん大拍手)

3. 二舞扇 (日高作詞、作曲)
曲やアレンジ、ギターワークを褒めていただいて大変うれしかったです。光栄でした!
MC(日高)「ギター弾くの20年ぶりだから~」(日高)「僕なんか30年ぶりだよ~!」(マークさん)(お客さん大爆笑)

4. 四つ葉のクローバー
年季の入ったリードギターに感激しながら乗ってサイドギターを弾きながら歌うことができました。オリジナルレコードとまた違って素晴らしかったマークさんのギター。MC「マークさんのギター、す、すてきでした!感激しました!」(日高)「ありがとう。
思わず乗ってハモっちゃいました。」(マークさん)

5. 水車は唄うけど
リハなしのぶっつけ本番で、リードを弾かれるのは久しぶりでしょうに、あっという間に弾きこなせてしまった天才マークさん。
MC「即興とは思えないね。もうコンビ組んじゃおうか」(マークさん)「何かお笑いコンビになりそうですね」(日高)と互いにジョークを飛ばした後、突然「笑点」のテーマソングを弾き出すマークさん。「これ、かしまし娘ですか?」(お客さん大爆笑)

6. 花紀行
マークさんが石川さゆりさんに提供された、今隠れた話題の珠玉の名曲!会心の出来でした。

「笑点」あり、ひばりさんの「川の流れのように」の物マネあり、とってもおちゃめなマークさん。お腹がよじれる程笑ってしまいました。レコードでしか聴けなかったガロの名曲も続々!ゲストとしてもお客としても心から楽しめた最高のライブでした!!

No title 

マークさん

サイコウデス。

 ガロ  命でした。

 

前橋きしん を 終えて。
そう思っていただけたことを、とても嬉しく思います。
素敵な願いが叶うよう応援しています!
  • posted by きしん・モサキチ 
  • URL 
  • 2009.11/24 05:57分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

Menu

最新記事

プロフィール

マーク(堀内護)

Author:マーク(堀内護)
オフィシャルサイト
http://markpage.web.fc2.com/

MARK=マーク (本名:堀内護)

■1949年2月2日生まれ 水瓶座

■1970年11月

日高富明(愛称TOMMY=トミー) 大野真澄(愛称VOCAL=ボーカル)とともにGARO(ガロ)を結成。

■1971年   コロムビア・マッシュルーム・レコードより
シングル「たんぽぽ」
LP「ガロ」でデビュー

「学生街の喫茶店」「君の誕生日」「ロマンス」など、大ヒットさせる。
紅白歌合戦にも出場。

活動中にオリジナルアルバム8枚、シングル12枚を発表。

■1975年12月 GARO解散。

日本の音楽シーンに大きな影響を与え、現在活躍するミュージシャン達の中にもGAROの影響を受けたファンは多い。

■1976年  ソロシングル「風の館/蒼いハイウェイ」
LPアルバム「MARK 六夢(りくむ)」を発表。

■1977年  ソロシングル「電車がつけば・・・/僕から」
LPアルバム「MARK BRIGHT」を発表。

その後音楽活動を停止し、フツーの人になる。

・・・・・・・・・・・

■1994年  「グッド・フレンズ」に参加。CD「ウッドストックの夏」を発表。

■2004年  杉山栽一のCD「SO AM I」にギター&コーラスで参加。

■2007年6月 30年ぶりにライブ活動を再開する!

■2013年 プロジェクト「マーク from GARO」始動
https://www.facebook.com/MARKfromGARO


2014年12月9日 胃癌により死去

-----------
■メールはこちら
http://markpage.web.fc2.com/mail.html